香典返しの基礎知識|贈る時期・金額の目安・品物選びのポイントなどを解説!

当サイトは香典返しの基礎知識として知っておきたい、贈る時期・金額の目安・品物選びのポイントなどを解説しています。
さらに香典のお返しの掛け紙で押さえておくべきマナーにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。
また、香典のお返しの挨拶状に書くべき内容も解説しているサイトです。
いざというときに困らないように、お香典を頂いたときにどのように対処するべきかは基本的な知識として知っておきましょう。

香典返しの基礎知識|贈る時期・金額の目安・品物選びのポイントなどを解説!

香典返しをしたことがないので、どのようにすれば良いか分からないという人は多いのではないでしょうか。
基礎知識として知っておきたい香典返しを贈る時期は、一般的には忌明けとなる四十九日後です。
しかし地域によっては異なる習慣となっていることもあります。
金額は半額ほどが基本、品物は香典の半額ほどのものを選ぶことが多いです。
品物を選ぶときには、消費すると後に残らないものを選びます。
日本茶や海苔は定番のアイテムです。

香典返しはいつ贈る?忌明け返しと即日返しの2つのタイミングについて

香典返しを贈る機会は何度も訪れるものではないので、いつ贈るべきか分からないという方も少なくないでしょう。
贈るタイミングは地域や宗教によって異なりますが、大きく忌明け返しと即日返しの2パターンに分けられます。
忌明け返しとは、仏式では四十九日の法要後、神式では五十日祭を終えた後に贈る方法です。
キリスト教の場合は忌中という概念はないものの、死後1か月目の昇天記念日の後に贈るのが一般的です。
一方の即日返しとは、葬儀当日に贈る方法です。
香典返しは、弔明けの法要が無事に終えたことを報告するという役割もあるため、本来は忌明け後に贈るものですが、近年は香典返しを贈る負担を軽減するために葬儀当日に会葬御礼とともに渡すケースが増えています。
この場合、受け取った香典の金額にかかわらず同じ品物をお返しすることになってしまうので、高額の香典を頂いた方には後日改めて香典返しを贈るのが一般的です。
また、あらかじめ香典の金額に応じていくつかのパターンを用意しておく場合もあります。

香典返しの金額の目安はどれくらい?

香典返しの品物を選ぶ上で、どの程度の金額の品物を贈るべきか分からないという方も多いかと思います。
香典返しの相場は、古くから受け取った香典の3分の1程度をお返しする「3分の1返し」、半額程度をお返しする「半返し」とされていました。
2つの相場があるのは、以前は関東においては半返しが、関西においては3分の1返しをするのが一般的だったためです。
しかし、近年は全国から参列者が集まるケースも多いので、香典返しの値段を関東と関西で分けるのが難しくなっています。
そのため、香典返しの値段は香典の半額程度をお返しする半返しを基本とするのが良いでしょう。
なお、親族などから5万円を超える高額な香典を受け取ることもありますが、この場合は半返しにこだわる必要はありません。
高額な香典は扶助の意味合いが強いので、半返しをすると相手の気持ちを無視してしまうことになります。
したがって、受け取った金額にもよりますが、3分の1から4分の1ほどを目安に品物を選ぶと良いでしょう。

香典返しで贈る品物選びのポイント

香典返しの品物選びに迷ってしまうという方は非常に多いかと思いますが、香典返しには「不幸が続かないように」という意味を込めて、後に残らない「消えもの」が望ましいとされています。
そのため、お茶・コーヒー・紅茶・砂糖・海苔・お菓子などの食べたら無くなる飲み物や食べ物、石鹸・洗剤・タオル・シーツといった使ったら無くなる日用品が人気の品物となっています。
また、陶磁器や漆器も良く贈られる品物です。
陶磁器は「故人が土に還る」、漆器は「不幸を塗りつぶす」という意味合いから香典返しに用いられています。
一方で、後に残らないものでも、「四つ足生臭もの」と呼ばれる肉類や魚類は香典返しには相応しくありません。
神事の際のお供え物の意味合いが強く、嗜好品としての側面もある酒類、お祝い事などの際に贈られることが多い鰹節や昆布なども避けるのが一般的です。
加えて、商品券などの金額が分かってしまう金券も避けた方が良いでしょう。
なお、カタログギフトを贈り、受け取った側が肉類や魚類を選ぶことは問題ないとされています。
カタログギフトは金額が分かりにくく、香典の額に応じて用意しやすいので、近年ではカタログギフトを選択する方も増えています。

家族葬でも香典返しを贈る必要がある?

原則として家族や親族のみで行われる家族葬では、香典を受け付けないケースが多いです。
その理由としては、参列者に金銭的な負担をかけたくない、辞退することで葬儀の規模を抑えられる、香典返しの負担を軽減したいといった意向がありますが、香典を受け付けるかどうかは喪主の意向次第なのでもちろん受け取っても問題はありません。
また、葬儀案内に香典を辞退する旨を記載していても、持参してくれる方や後日の弔問で受け取る場合もあります。
このような場合、頑なに断るのは相手に失礼になることもあるので、持参してくれた場合はありがたく頂いて、後日香典返しを贈るのがマナーとなります。
なお、香典を受け取らない姿勢を取る場合、供花や供物も辞退するのが一般的です。
これは、供花や供物もお返しが必要になるためですが、弔電に関してはお返しは必要ありません。
したがって、家族層で香典・供花・供物を辞退する場合でも弔電は受け取るケースが多いです。

香典返しに関する情報サイト
香典返しの基礎知識

当サイトは香典返しの基礎知識として知っておきたい、贈る時期・金額の目安・品物選びのポイントなどを解説しています。さらに香典のお返しの掛け紙で押さえておくべきマナーにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。また、香典のお返しの挨拶状に書くべき内容も解説しているサイトです。いざというときに困らないように、お香典を頂いたときにどのように対処するべきかは基本的な知識として知っておきましょう。

Search