香典返しの掛け紙で押さえておくべきマナー

香典返しの掛け紙で押さえておくべきマナー

香典返しは葬儀に参列して香典を渡してくれた方たちにお返しとして渡す品物であり、どのようなものを贈れば良いか相手のことを考えながら選ぶ必要があります。
香典返しを準備する場合には掛け紙にも押さえておくべきマナーがいくつかあるので、きちんと確認した上で準備した方が失敗が少ないかもしれません。
まず弔事の贈り物には熨斗がない掛け紙を選ぶの必要があります。
熨斗は一般的にお祝い事に利用されるものなので、注意しておきましょう。
本来は品物に紙を掛けてその上に水引を結びますが、現在は簡略化されてすべて印刷された紙を使うのが一般的です。
仏式の葬儀では蓮の花が描かれているものを使用する場合が多いですが、他宗教では蓮の花が描かれていない方が適切なので宗教を確認することも重要です。
弔事の水引は二度と繰り返さないようにという願いを込めて結び切りを利用するとされています。
また香典返しの際は品物の上に直接紙をかけ、その上から包装紙で包む内掛けが控えめで良いと言われているでしょう。

香典返しの表書きにはどのような記載をすれば良いか

香典を頂いていて忌明けを迎えて香典返しをする必要があるけれど、表書きはどのようにすれば良いか迷うという人は多いのではないでしょうか。
お香典の御礼としての品物である香典返しには、基本的に掛紙を付けます。
この掛紙には弔事用の黒白や黄白の水引をつけ、そして掛紙の中央の水引の上にはどのような用途の品物であるのかを示す表書きを記載するのが基本です。
香典返しの場合に、宗教を問わずに使用することができるものには「志」があります。
仏教はもちろん、キリスト教や神式でも使えるものであるため最も広く使われているのがこの志です。
仏教の場合には、関西エリアでは志ではなく「満中陰志」とすることもあります。
満中陰とは四十九日のことで、関西地方では四十九日のことをこう呼びます。
また神式の場合には「偲草」というものが使われることもあるほか、キリスト教式の場合にはカトリックなら「昇天記念」、プロテスタントなら「プロテスタント」などとすることもあるようです。

香典返しに関する情報サイト
香典返しの基礎知識

当サイトは香典返しの基礎知識として知っておきたい、贈る時期・金額の目安・品物選びのポイントなどを解説しています。さらに香典のお返しの掛け紙で押さえておくべきマナーにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。また、香典のお返しの挨拶状に書くべき内容も解説しているサイトです。いざというときに困らないように、お香典を頂いたときにどのように対処するべきかは基本的な知識として知っておきましょう。

Search