香典返しの挨拶状に書くべき内容とは?

香典返しの挨拶状に書くべき内容とは?

香典返しは無事に弔事が終えられたことを報告する役割がある品物です。
葬儀に参列して香典を準備してくれた人に対して渡すお返しであり、感謝の気持ちを伝えて準備するのが良いでしょう。
香典返しを直接持参する場合はその場でお礼の気持ちを伝えることができますが、遠方の場合など郵送でお返しを渡す場合は挨拶状を添えるのがおすすめです。
渡すタイミングは仏式は「四十九日法要」、神式では「五十日祭」、キリスト教式では「昇天記念日」の後が良いとされており、宗教や宗派によって違いがあるので周囲の人に確認しておくのが良いかもしれません。
香典に対するお礼や忌明けの法要が無事に終わったこと、本来なら直接伺うところを略儀で済ませることに対するお詫びなどを書くのが適切だとされています。
句読点は使用しないのが一般的なので、そうした細かいマナーにも配慮して準備すると失礼がないでしょう。
挨拶状に書く内容や書き方で迷ったときは、信頼できる周りの人に相談するのがおすすめです。

香典返しをするときに気を付けておきたい注意点

いただいたお香典のお返しをするため香典返しの品物を用意する必要があるけれど、初めてなので不安だという人もいるのではないでしょうか。
忌明けを迎えたタイミングでお返しをする香典返しの注意点としてはまず、お礼の品に挨拶状に添えることを忘れないようにするということが挙げられます。
薄墨を利用するのが品物に添える挨拶状の特徴です。
また香典返しをするタイミングも注意する必要があります。
仏式の場合には四十九日の忌明けですが、キリスト教式の場合には30日の追悼ミサで神式の場合には五十日祭のタイミングになります。
それから香典返しは品物の金額も注意点の1つです。
基本的には半返しといって、頂いた香典のおよそ半額ほどが目安になります。
品物には掛紙をつけて、水引は弔事用の結び切りのものを用います。
表書きは志が一般的ですが、関西では満中陰志にすることもあるのが特徴です。
神式では偲草、キリスト教式では昇天記念や召天記念といったものも用います。

香典返しに関する情報サイト
香典返しの基礎知識

当サイトは香典返しの基礎知識として知っておきたい、贈る時期・金額の目安・品物選びのポイントなどを解説しています。さらに香典のお返しの掛け紙で押さえておくべきマナーにも触れているので、ぜひ参考にしてみてください。また、香典のお返しの挨拶状に書くべき内容も解説しているサイトです。いざというときに困らないように、お香典を頂いたときにどのように対処するべきかは基本的な知識として知っておきましょう。

Search